FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2009/04/16

俺と一緒に笑ってくれ、ホライゾン

はてさて、境界線上のホライゾンI(上・下)を読破…なのですが、
やっぱり難しいけど面白いですね=、川上稔さんの作品は。

そして、昨日と今日とで折笠愛先生と山崎たくみ先生のゼミを受けてきました。
といっても、今週は授業のお試し期間なので45分間だけでしたが。
…折笠さんの方は、見た目と声が一致しない人でした。
たくみさんの方は、見るからに普通の(言ったら滅茶苦茶失礼ですが)おじさんで、
でもやっぱり声を出すと…「あ~、たくみさんだ」てな感じでしたね。
たくみさんの授業は基本、パワハラ&セクハラ…って自分で言ってました。

山崎たくみさんの格言

「学校に行っているつもりで学校に来ないで欲しい。
僕が言いたいのは、ここを学校ではなく現場と思って欲しい」

「声優になるためには最低でも3つは守らなきゃダメ。
1.あいさつ
これは常識だよね。いつも『おはようございます』と『お疲れ様です』は言ってるでしょ?
それはもちろんなんだけど、あとは素直に『ごめんなさい』と『ありがとうございます』を言えること。
素直に謝罪も出来ないなら声優になんてなれないから。

2.色々なことに興味を持つこと
一つの趣味に没頭するのもいいことだけど、
多くのことに視野を持った人の方が他人から良く見られる。
色々なことに興味を持つことは決して悪いことじゃないからね」

3.本よく読むこと
…つまりは読解力を身につけること。
台本にも活字はあるし、ようは活字慣れをすることかな?
本を読んでとにかく活字に慣れる。
小説を読むときに、登場人物を頭の中で組み立てて動かすでしょ?
それが声優にとっての基礎でもある。
僕だって、アフレコした後とかに3Dで頭の中に組み立ててキャラを動かしてるし」

…という感じでした。
神谷さんの次にスパルタらしいですけど、やってやろうじゃないか!

スポンサーサイト

20:55 | 未分類COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。