FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2009/04/19

Raven and Cat~番外編~ 春姫vs雫

「若菜のハーモニーグレイスと戦う?」
私は隣に居た友人・姫宮若菜に問う。
「…そうだ。実戦を想定した単体での戦闘をな」
若菜は椅子に座ると、ふぅと溜め息をついて答えた。
「でも誰と?」
「春姫に頼みたい」
「えぇっ!?メンテが終わってすぐなんでしょ?だったらもう少し、実戦経験の少ない子の方が」
私が驚くのも無理はない。
そのハーモニーグレイスは一週間前に若菜が拾ってきた神姫。
つい先日、メンテナンス&オーナー設定を終わらせたばかり。
そんな状態の神姫を戦わせるなんてどうかしてる…
「雫自身が春姫と戦いたいと言っているんだ…
もし、彼女がまだ戦いを覚えているなら私はそれに賭けてみたい」
若菜がそう言う姿はすごく凛々しかった。
「春姫、そういう訳なんだけど…いいかな?」
私は春姫に一応、確認を取る。
オーナーである私が勝手に決めてしまっては、意味が無いし、神姫の意見を無視することになる。
「…手加減はしませんよ?」
にっこりと笑って応える春姫。
「雫、対戦相手に挨拶だ」
若菜の言葉を合図に、ハーモニーグレイスの雫がひょっこりと顔を出す。
「ハーモニーグレイスの雫です。この度は私の我が儘に付き合っていただいて感謝しています」
「そんなことないですよ。私はアーンヴァルの春姫、よろしくね?雫」
互いに握手をする雫と春姫。
そのまま私たちは、バトルロンド筐体へと向かった。


『バトルフィールド――荒野に設定
オーナー:長月スバル 所有神姫:天使型アーンヴァル 春姫
vs
オーナー:姫宮若菜 所有神姫:シスター型ハーモニーグレイス 雫
以下、音声認識システムで指示・戦闘を開始して下さい』
筐体のAIがそう告げると、手前にあるパネルが光り始める。
試合開始の合図だ。
「春姫!久し振りの戦闘だけど大丈夫?」
『はい。各武装もマスターのメンテナンスのおかげで絶好調です!』
「雫、いけるな?」
『もちろんです。お姉様の為なら、命を捨てる覚悟がありますから』
互いの神姫に確認を取ると、
「「戦闘開始!!」」
私と若菜の声が重なり、戦闘が開始した。


戦闘は圧倒的だった。
「春姫、下!弾をばら撒いて!!」
『了解です!』
空を飛ぶ春姫の機動に付いてこれていない雫が、地上でガードをし続ける。
弾をばら撒き、砂煙を上げる。
すばやく旋回し、両手に持っているアルヴォPDW9を捨て、
両翼にあるM4ライトセイバーを引き抜く。
「目の前に!?あぅ!」
雫の唯一の武装、クロスシンフォニーが手から離れてしまう。
ボロボロな体になりながらも春姫を睨む雫。
20090419_005.jpg

「…分かりましたか?これが私の本気です」

to be countenuied...

スポンサーサイト

21:47 | 武装神姫COMMENT(0)  TOP

2009/04/18

最近よく…

Yahoo!知恵袋という、Yahoo!の質問サイトがあるのですが…
最近そこで政治・経済について回答しています。
ausendaizer(アウセンダイザー)という名前で。
一応、14件中5件ベストアンサーに選ばれてます。

…さ~て、今日は茶風林先生の授業を体験してきましたよ。
といっても、説明とちょっとしたインプロヴィゼーション(即興劇)、洋画吹き替えの際の映像見学、
「外郎売り」さわりのみ。
45分だもの…短いですよ。

今日の一言?

「王子様の主な仕事は…悪者から女の子を助け出すこと…なんてね!」

[Firstspear] 蒼海の世紀 VOL.4より

いやぁ~、久し振りに読むと面白いですね。
李氏(りのいえ)君がカッコイイ!
野上さんの同人漫画は設定が濃くて面白い。

22:34 | 戯言COMMENT(0)  TOP

2009/04/16

俺と一緒に笑ってくれ、ホライゾン

はてさて、境界線上のホライゾンI(上・下)を読破…なのですが、
やっぱり難しいけど面白いですね=、川上稔さんの作品は。

そして、昨日と今日とで折笠愛先生と山崎たくみ先生のゼミを受けてきました。
といっても、今週は授業のお試し期間なので45分間だけでしたが。
…折笠さんの方は、見た目と声が一致しない人でした。
たくみさんの方は、見るからに普通の(言ったら滅茶苦茶失礼ですが)おじさんで、
でもやっぱり声を出すと…「あ~、たくみさんだ」てな感じでしたね。
たくみさんの授業は基本、パワハラ&セクハラ…って自分で言ってました。

山崎たくみさんの格言

「学校に行っているつもりで学校に来ないで欲しい。
僕が言いたいのは、ここを学校ではなく現場と思って欲しい」

「声優になるためには最低でも3つは守らなきゃダメ。
1.あいさつ
これは常識だよね。いつも『おはようございます』と『お疲れ様です』は言ってるでしょ?
それはもちろんなんだけど、あとは素直に『ごめんなさい』と『ありがとうございます』を言えること。
素直に謝罪も出来ないなら声優になんてなれないから。

2.色々なことに興味を持つこと
一つの趣味に没頭するのもいいことだけど、
多くのことに視野を持った人の方が他人から良く見られる。
色々なことに興味を持つことは決して悪いことじゃないからね」

3.本よく読むこと
…つまりは読解力を身につけること。
台本にも活字はあるし、ようは活字慣れをすることかな?
本を読んでとにかく活字に慣れる。
小説を読むときに、登場人物を頭の中で組み立てて動かすでしょ?
それが声優にとっての基礎でもある。
僕だって、アフレコした後とかに3Dで頭の中に組み立ててキャラを動かしてるし」

…という感じでした。
神谷さんの次にスパルタらしいですけど、やってやろうじゃないか!

20:55 | 未分類COMMENT(0)  TOP

2009/04/11

テンプレ変え

みっくみくにされてますw


…冗談はさておき、ようやく13日に学校が始まります。
といっても、初日はHRだけのようです。
詳しいことは不明。
そして遂に!
折笠愛さんの授業が受けられる!!
それが喜ばしいことですね~。
と、ここで詩を。

「英雄」

力を手にした瞬間、誰かが英雄になる。
屈託しない、そんな力を。
だが、誰しもなれるわけじゃない。
誰もがなれたら、それは英雄ではなく…ただの人間だ。
そんな世界に君は行こうとしている。
苦しくても、泣いても、挫けず行かなきゃいけない。
諦めずに明るく行こう!
そうすれば君も英雄になれる。
英雄という名の…君の夢に。

02:35 | 戯言COMMENT(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。