FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2006/11/20

今宵は、はぴねす!だっぜ!!

準・・・魔法の光に照らされて



嬉しそうな笑顔だこと・・・


男として疑いたくなる・・・(汗



みーんーなー は・ぴ・ね・す♪(いぇい!!)

ってなカンジで、「はぴねす!りらっくす」の画像をつけて、お送りします。

えー・・・上から、渡良瀬準(男)、式守伊吹、また渡良瀬準(男)。

コイツが、男・・・?と疑いたくなるけど、ホントに男。

萌えゲーってのは、何でも可能にしてしまうから怖い・・・。
魔法で性別は変えられないだろ・・・(汗

あー・・・あとこんなのも見つけたな。

バーニングアリサ01



バーニングアリサ02


横でつなげてみよう。
「チャチャチャチャチャララ~♪×2」
「ハーイテンショーン ルンルンルルンル~ン♪」
きっと、あのOPになるから。
(ヒント:日曜の夜中、テレ東でやっている正直、パクリ過ぎアニメ)

オマケ
こんなの買ってみました。
「ひぐらしのなく頃に 語咄し編」(税込み価格¥999)
ひぐらしのなく頃に 語咄し編

スポンサーサイト

17:22 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

2006/11/17

ま、気楽に行きましょ♪

今日は、小説を載せようかなぁ・・・なんて、思ってみたり。

Roter Tanzer ~退魔の舞踏の舞い手達~

序章~過去(きょう)と未来(あす)~

雨のせいで薄暗くなった道を、ボクはぼんやりと歩いていた。
生きる気力も、未来への希望も砕かれたボクは、自分がどこを歩いているのかも解らなかった。
どれだけ彷徨ったのだろう。
気がつくとボクは大きな車道の上に立ち尽くしていて、大型トラックが正面から走ってきていた。
ボクはそれをぼんやりと眺め、このまま死ぬのも悪くないと思い、迫り来る死の瞬間を待った。
なぜ目を閉じようとしなかったのかは解らないが、もしかするとボクは、自分が死ぬ瞬間までこの醜く残酷な現実という世界を目に焼き付けたかったのかもしれない。
これでようやく楽になれる。
そう思った瞬間、ボクの体は左から右へと弾き飛ばされ、混乱するボクにわき目も降らさずに、トラックは走り去ってしまった。
その時ボクを弾き飛ばした原因が・・・ボクの上にいた。
ボクは、その原因になぜ助けたのかと聞こうとそれを見上げた。
その時、時間が止まった。
何の比喩でもなく、文字通りの意味で・・・少なくとも、ボクにはそう感じられた。
なぜならそれは・・・この世のものとは思えぬ程に美しく、気高く、そして・・・神々しく、禍々しかった。
その髪は、鮮やかな銀色だった。
その瞳は、美しい桜色だった。
そしてその瞳には、神々しさと禍々しさが同居していた。
彼は口を開き、こう言った。
「そなたがなぜ死に急ぐのかは知らぬ。だが、死んで楽になるにはまだ早くはないか?死ぬことはいつでも出来る。
騙されたと思って、我等と共に生きてみんか?我等なら、お前に生きる目的を作れると思うのだが・・・どうだ?」
「なぜ・・・なぜ、ボクを?」
「ただの気まぐれだ。それよりもどうする?もしついて来るならば、我が名を呼べ。
我が名は、龍神一族が暗部の一人・・・沙紅羅木舞人(さくらぎ まいと)、舞人と呼ぶが良い。そなたの名は、何と言う?」
「ボクの名前は・・・・・・・・・・」
これがボクと師匠の出会いであり、弱く、臆病だった長谷部涼が、誇り高き戦士足らんとする龍神猟二として生まれ変わった瞬間だった――

四年後・・・・・・・・・・

 窓から差し込む朝日で彼・・・龍神猟二は目を覚ました。
「う~。あ、朝か?」
猟二はムクリと上半身をベットから起こすと、枕元に置いてある目覚まし時計(鳴る前に起きることが多いので、滅多に使われることはない)を手に取り、アラームを切り、時間を確認をする。
六時半だった。
もっと惰眠を貪るつもりだったが、目が覚めてしまったものはしょうがない。
二度寝をしたら確実に寝過ごすことが解りきっている為、仕方なくバスルームへとシャワーを浴びに行く。
「なんか損をしたような気がするな。」などと、どうでもいいことを呟きつつシャワーを浴び、その腰まで届きそうな長い金髪を丁寧に洗う。
四年前まではコンプレックスの塊だった自分の女顔とこの金髪も、今ではそれなりの愛着を持てるようになっている。
何しろ、顔も覚えていない産みの親が残してくれた物だ。
それに、全く役に立たないものでもない。
髪というのは意外と使える武器になる。
使えるものは何でも使う・・・それが龍神だ。
脱衣所で制服に着替え、鏡を見ながら髪を整え、縛って簡単に纏める。

その後パンと牛乳、目玉焼きという簡単な朝食をとり、四年ぶりに通う高校の準備をする。
鞄の中に入れるのは、メモ帳、生徒手帳、筆記用具、鉄扇、スローイングダガー二本、9㍉リボルバーマグナムシルバーゲイル、9㍉オートマグデザートストーム、スペアマガジンetc・・・
流石に愛刀である斬魔大剣は持ち歩くわけにはいかない為、異界へと意識を飛ばし、いつでも召喚できることを確認する。
これで、万一の時も安心だ。
「・・・うむ、準備よし!」
ふと時計を見ると、家を出るのにちょうど良い時間になっていた。
「さて、行きますか。」
彼はテレビの上の写真立てに目を向けた。その写真には、七人の男女が写っていた。
場所はどこかの洋館の庭らしきところで、そのうち一人の少年は、髪の色がプラチナブロンドであることを除き、猟二と瓜二つの姿を持っていた。
「行ってきます。師匠、父様、母様、兄様、姉様。」
猟二は写真に向けて微笑むと、初めて歩く通学路へと足を踏み出した。
――さぁ、頑張ろう。今日は編入初日だ――

久遠「え~・・・宣伝してから随分経ちますが、兄の丑男とともに創作した小説です。
Roter Tanzer(ロート・タンツァー)とは、ドイツ語で『赤い踊り』と言う意味です。
でも、まだ序章・・・先は長い。
しかも、元々書いてあったやつを僕が改行・・・これがまた重労働で。」

っていうカンジで、今回はこの辺で・・・。
日記じゃないやん!!
そうだよ!今日の出来事を書かなきゃ駄目ジャン!!

11月17日(金)
今日、現代文の時間に先生が、「イチゴ」という単語のイントネーションが違うと、僕のクラスの皆に言われ・・・。
()の中は、イントネーションです。

先生「えっ!?イチゴ(ご、じゃないの?」

男子生徒A「えぇ~!?ちご(普通のイントネーション)だよ~。」

先生「あ~・・・そっかぁ・・・。いや、俺今気付いたよ。」

その言葉を聞いた瞬間、クラス中が一瞬凍りました。

これだけ?うん、これだけ。
楽しくないね・・・グスン

18:42 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

2006/11/12

君は、投げ続けることが出来るか・・・。

今回は、オリキャラとのトーク形式でお送りいたします。

久遠「はい、今日はボウリングについてですよ~♪」

未衣那「うにゃ~、無駄にテンションが高いヒトが居るぅ。」

久遠「だって今日は、スコアが良かったんだもん♪」

未衣那「・・・ルンルン気分ですにゃ。」

久遠「語尾に『にゃ』つけるのいい加減にやめない?」

未衣那「だって、何故かついちゃうにゃん。仕方ないにゃ。」

久遠「まぁ、いいや。(可愛いし)本題に移りましょう!」

スコアー
1G 94
2G 170
3G 191
4G 194

5G 106


一重「まぁ・・・!凄いですわね、2・3・4ゲーム目が特に。」

未衣那「でも、1ゲーム目と5ゲーム目が致命的にゃ。」

久遠「うっ・・・痛いところを。」

一重「しかも、ボウリング場で『乙女はお姉さまに恋してる』(原作本)を、平気な顔して読んでいましたし。」

久遠「何でそんなことを!!」

一重「もう忘れられたのですか?私達は、いつも貴方と共にある・・・と。」

久遠「あー・・・そうでした。でも、ネット上でそういうこと言うか?」

未衣那&一重「「うるさい。黙れ。」」

久遠「ごめんなさ~い!!」

18:04 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。