FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2006/07/31

昨日のこと・・・

昨日のことですが・・・父親と母親と共にボウリングへ。

正直言って、真面目に駄目でした。
せいぜい上手くいっても、175前後。
最高記録をとった、中3の時とは大違い・・・(泣

ちなみに最高記録は、276。
ストライク7回、スペアー1回。あとは通常通り。
体力が続かなくなってきた・・・歳か?(←早過ぎるだろ

<声優という名詞を使っている理由>

それは勿論、将来の夢が声優になることだからです!
尊敬する声優さんは、男性声優が、大塚明夫さんと神谷明さん。
女性声優が、水樹奈々さん、小清水亜美さん。

夢に向かって突っ走る!それが、僕のモットーです。

話は変わりますが、先程出てきた<夢>という言葉で良い事を言っている大物歌手がいます。

『強い夢は叶う!!』さだまさし

さださんの歌う歌は僕に勇気を与えてくれて、小学校のときに合唱部に入るきっかけをくれた人でもありました。

さて、今日で7月も終了!明日からは8月!
今年の夏も戦場になるんだろうか・・・。
あ、いえ・・・こちらの話です。(分かる人は分かるだろうな)
まぁ、その前に東北の方へ行かなくてはならないのですが・・・。

スポンサーサイト

テーマ:自分の描いた絵とか小説とか・・・(毎日じゃないですよぉ) - ジャンル : 日記

19:04 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2006/07/28

初めてのブログ・・・

初めてだけど、とりあえずは一気に行かせて貰おう!!
自作小説だ!行って来い!!

萌え!?で燃え!?な退魔師はいかが?

第一話~除霊、お願いします!~

某都内にある、お嬢様学校『蘭満学園』。ここに、物語の主人公『風林寺鈴音』がいる。
鈴音は、成績優秀、容姿端麗で学園内の憧れの存在である。
そして今日も、鈴音は他の生徒達から、憧れの目を向けられていた。
生徒A「鈴音様だわ!・・・今日も、綺麗ですわ・・・。」
生徒B「・・・(ポーッ・・・)。」
と、そこへ、トテトテと走り寄ってくる少女が居た。
少女「す、鈴音さぁん!は、速いですよぉ!」
鈴音「理奈ちゃん!ご、ごめんね。早足で来ちゃったから・・・。」
理奈と呼ばれた、この少女こそ、荒衣理奈。鈴音のクラスメイトだ。
理奈「ぜぇ・・・はぁ・・・酷いですよー。」
ちなみにこの二人・・・裏ではトンデモナイ事をしていたりする。
普段は仲がいいただの学友にしか見えないが、裏では悪霊退治のエキスパートとして活躍している。
勿論、この事は学園中に知れ渡っており、仕事を持ってくる生徒も多々居る。
二人は鈴音の実家『風林寺神社』を拠点としており、そこで悪霊を退治する。
仕事着は、巫女服。
(他は、設定資料を参考にして下さい。ただでさえ長いので・・・)
二人の噂は、学園だけに留まらず、二人が住んでいる某都内でも有名になっていた。

 昼休み、二人にある生徒から手紙が届いていた。内容を見てみると、二人は顔を見合わせた。
手紙の内容は、このような物だった。
『本来なら、直接お話するはずだったのですが、お二人の昼休みという貴重な時間を避けたかったので、このような手紙にしました。
詳しい内容は、放課後にお話します。 秋原 零花』
秋原零花という名前に、二人は覚えがあった。
鈴音「同じクラスの子・・・だったよね?」
確かめるように、理奈に聞く鈴音。
理奈「はい。えっと・・・小柄な感じの子だった気がします。」
理奈も、覚えているのか覚えていないのか、人差し指を頬に当てながらそう答えた。
鈴音「・・・私たちに話って、やっぱり『除霊』の依頼だよね。」
キッとした顔で、教室の窓の外を見る鈴音。
理奈「そうとしか考えられないと思います。」
鈴音の真剣な顔つきにつられて、理奈も真剣な顔つきになる。
鈴音「でも・・・今は昼休みだし、考えるのは後にしよう?」
いつもの笑顔でそう言う鈴音。いきなり、話題を切られて驚く理奈だったが、
理奈「そ、そうですね!せっかくの昼休みですものね!」
と、曖昧に、はにかみながらそう答えた。

 そして、時は過ぎ放課後・・・。夕焼け色に染まった教室には、生徒が三人残っていた。
鈴音、理奈、そして依頼者の零花の三人だ。
零花「・・・依頼を受けてくれるんですね。ありがとうございます、風林寺様、荒衣様。」
ペコリと丁寧にお辞儀をする零花に二人は、
鈴音「そんなに畏まらないで!私の事は、鈴音と呼んでくれればいいよ。」
理奈「そ、そうですよ!あ、私の事は、理奈と呼んでいただければ結構ですよ。」
と、慌てた様子でそう言った。
零花「それでは、鈴音さん、理奈さん、ご依頼の件ですが・・・貴女方に頼んだのは他でもありません。
私を、除霊してほしいんです。」
鈴音「成る程・・・ご依頼の件は分かりました。でも、ここではあなたに霊が憑いているがどうか分かりません。」
すると、零花は、目の前にあった机をバン!と叩き、
零花「じゃあ、どうすれば!?」と、叫んだ。
理奈「最後まで人の話を聞いてください。風林寺神社の本堂でやるんですよ。除霊は、例外を除いて、いつも本堂で行っていますから。今から、本堂に移動しましょう。」
零花の焦った言葉に、軽く言う理奈。
零花「じゃあ、私・・・除霊してもらえるんですか!?」
零花の安堵の笑顔に、二人は満面の笑みで、「はい!!」と元気よく答えた。

 少し、日が暮れ始め、空が茜色から薄暗い紺色に変わり始めた頃、風林寺神社に三人が到着した。
そして、本堂に一匹の猫が、ぴょこんと出てきた。
鈴音「あ、ふぅちゃん。ただいま。」
鈴音がそう言うと、猫は「おぅ、お帰りぃ。」と、答えた。
勿論、猫が人の言葉を話す訳が無い。そんなの漫画やアニメの話だ、そんな事があってはならない。
とは思うものの、実際に今、目の前で起こっている。
それを見た零花は、固まったままである。
理奈は、「やってしまいましたね。」と言って、こめかみに人差し指を当てている。
そして、鈴音は猫に向かって勢いよく怒鳴った。
鈴音「ふぅちゃん!あれほど人前で、喋っちゃいけないって言ったでしょ!!」
普段大人しく、清楚な鈴音には見えない態度だった。
マフー「ふみゅ・・・すまないな・・・。で、鈴音の後ろにいるお嬢さんは誰かな?」
ふぅちゃんと鈴音に怒鳴られた猫、マフーは「すまない、すまない。」と言いながら、後ろで固まったままの零花を指(?)差した。
(この際、マフーがどうして話すのか。と言う話題は、スルーしていただこう。)
理奈「この子が今回の依頼者です。・・・それじゃ、そろそろ・・・診断といきましょうか。」
理奈が、零花に正座するように指示する。
零花は、本堂に正座して鈴音たちに背を向けている状態だ。
零花の背中に、ポンとて(?)を置くマフー。
マフー「うぅむ・・・。」唸るマフー。
理奈「見えますか?」理奈は、マフーにそう聞いた。
マフーには、霊を見極める能力があり、除霊活動には欠かせない能力である。
マフー「居るな・・・霊下が五体・・・霊中が三体。」
鈴音「えっ・・・!そんなに!?」
事実上ありえないことであった。霊は最高でも、三体ぐらいしか人に憑けないのである。
それなのに、同時に八体もの霊が憑くなど、まずありえないのである。
マフー「・・・すぐにでも除霊せんと、この子の体がもたんぞ!」
マフーの言葉に、二人は顔を見合わせ、力強く頷いた。
マフー「では、始めよう・・・除霊・格式!!悪霊・・・解放!!」
マフーはそう叫ぶと、体を青白く光らせた。
その瞬間、零花の体から何か黒いモノが出てきた。その黒いモノこそ、除霊対象の悪霊である。
鈴音と理奈は叫ぶ。「森羅万象の力の内にて、今こそ、その力目覚めん!!」
その叫びと同時に、二人は光に包まれる。そして、光が止むと、二人は仕事着である巫女服へと変化していた。
鈴音「我・・・霊を鎮める巫女なり。」鈴音は、左手に呪符を構えながらそう言う。
理奈「我・・・霊を撃ち抜く巫女なり。」理奈は、軍が持っているような拳銃を構えながらそう言う。
そして、声を揃えて、「我等、悪となりし、霊を消す巫女なり!!」と決めポーズ。
悪霊たち(以下、霊下、霊中etc)は、唸り声を上げながら、鈴音と理奈に向かって飛び出した。
鈴音は、計五体の霊下を目標に定めると、懐から出した呪符を霊下に向けて投げつけた。
鈴音「除霊!爆・砕!!」
呪符が霊下に当たるのと同時に、爆発した。
断末魔の叫びを上げながら、霊下は星空へと消えていった。
そんな鈴音の活躍を軽く見ながら、理奈は霊中と戦っていた。
理奈「くらいなさーい!!」
理奈は、手に持っていた拳銃『MPG-35DZ/G デザートイーグル改』を、一発、二発と霊中に向かって撃った。
しかし、たった一発や二発の霊弾では、霊中は倒せない。
そんな時に用意するのが、鈴音の呪符である。
理奈「鈴音さん!呪符を!!」
理奈がそう言うのと同時に、鈴音は霊中に向かって呪符を三枚投げつけた。
その呪符は、霊中に当たり、霊中は苦しみ始めた。
理奈「最後です・・・!悪となりし霊を撃ち抜け!メビウス!!」
デザートイーグル改とはまた違う銃が、理奈の腰から引き抜かれた。
『MPG-01/MB メビウス』を、一発、二発、三発と霊中を撃ち抜いた。
霊下と同じように、叫び声をあげると、ドス黒い煙を上げながら、星空へと消えていった。
鈴音と理奈は、息を切らしながら「除霊完了です!」と、にっこりと笑いながら、ガッツポーズをした。

ちゃっかり四段構成(起承転結)だったり。
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=frog
僕のHPです。荒らし行為はお断りです。

テーマ:自分の描いた絵とか小説とか・・・(毎日じゃないですよぉ) - ジャンル : 日記

16:03 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。